Why TraEnglish ?

日本人の英語のコミュニケーション能力は、どれくらいでしょう?

実は、 112カ国中78位 です。

シンガポール
フィリピン
マレーシア
香港
韓国
インド
中国
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ベトナム

)の下にあります。

これは、東洋経済:英語力「112カ国中78位」の日本 > https://toyokeizai.net/articles/-/475201

第2021版 世界最大の英語能力指数 ランキング:

EF EPI 2021 – EF 英語能力指数
日本 – 112か国および地域中78位 | 第11版EF 英語能力指数 (EF EPI)は世界112カ国と領土の成人を対象とした英語能力に関する調査をもとに英語を第 2 言語とする各国の英語力レベルの世界ランキングです。

のレポートです。 全国民が教育を受けられない国よりも下になっていたりします。

日本国内の企業採用では、最近は(英語が強いとされる)大学・学科ではなく、TOEIC等のベンチマークで採用を決める会社が多くなっています。理由として、日本の英語教育の古さや、硬直した教育現場の限界を挙げる人もいます。企業活動を国際化するにあたって、採用を増やしたいけれど、大学・学科で選んでも、活躍できる人が本当に少ない、と言う事も言われるようになってきました。

さらに、TOEICの高得点者であっても、日本人は英語によるコミュニケーション能力が低い・できないという指摘もあります。企業で採用する人も、英語能力のある人材がどのような人か、 選定できない、ということもあると思います。

企業採用においては、英語で応募者とインタビューできれば、良い選定が出来るのですが、応募者だけでなく、採用担当の側に「英語でのコミュニケーション能力が必要」なのだろうと思われます。

英語コミュニケーション能力と、各種英語試験による能力

今、日本で英語の「能力」について語られるときに、勉強や試験が主になっていて、重要なコミュニケーションの道具になっているか、ということが、全く触れられないこともあります。

これまでの日本での教育英語とは、試験も授業も、点数を取るためのものになっています。どんな先生でも、公平に点数をつけられる問題がつくられてきました。

結果として、長年長時間まじめに勉強をし、英語の授業やテストで点数をとった人は、単語や文法の知識は、一時的には、すごく沢山あります。

しかし、このように長く長く、このような英語のモノサシを基準に学んできたので英語の短い文章は時間をかけて正確に読めますが、海外の小さい子供と会話することも難しく、映画やドラマの会話も聞き取れない、そういう様相です。 多くの人は、英語を読む機会がなくなり、たくさんの知識も忘れてしまっています。

学ぶ方法に問題がありました。文法や語彙をいくら増やしても、TOEICなどの試験の点数をあげて、さらに、難解な英語を正確に解釈できるかどうか、正解を導くような勉強を何十年も積み重ねたとして、誰もコミュニケーションが出来るようになりません。

耳と口をたくさん使って、能力を獲得するトレーニング

同時通訳の養成などで、シャドウイングのトレーニングが用いられます。

シャドウイングとは、聞いて、それがどういう単語であるか記憶し、理解して、同じように話す、というものです。

TraEnglish は、AIをもちいて、どんな文章でも、これを短い時間に大量におこなうことができます。

TraEnglishのAIによる自然なアメリカ英語で、「シャドウイング」を暫く続けてみてください。 

「自分」が中心となって、自分の興味、自分が伝えたい事、自分がやりたい事、のための道具として自然に英語の能力を獲得することで、はじめて、英語を使うことができます。

TraEnglishは、みなさまのそれぞれが、「自分を中心とした英語の言語能力獲得」を、 自然に、強力に、効率的に、確実に、楽しくサポートします。

TraEnglishで英語コミュニケーション能力が劇的に改善できるのは、AIの力利用して、本当にあなたが言いたい事、聞きたいこと、を耳や口をつかって、トレーニングしていけるからです。

AIシャドウイングは簡単です。毎日続けること、納得がいくまでその英文を何度も読み続けること、が大事です。TOEICの試験や、日本の英語教育にはない、能力獲得のヒント・気づきがあると思います。

今後の英語関連の能力や試験の在り方

TraEnglishをつかったAIでの音読・シャドウイングは、口頭能力を向上させるものです。

そして、もう一つ注意したいことは、「くだけた日常の英会話」だけが口頭能力ではありません。

今、企業や世界のビジネスにおいて、必要とされるのは、
「プレゼン、スピーチ、コミュニケーション、会話など、口頭での総合能力 」
です。TraEnglishの音読素材は、そのようなものに絞っています。

これから数年の間に、日本における、英語関係の能力試験や、企業採用も、英語による「プレゼン、スピーチ、コミュニケーション、会話など、口頭での総合能力を重視」する方向へ、大きく変わってくるでしょう。

例えば、関西大学では、英語の授業にシャドウイングを取り込み、卒業生は英語の「口頭能力」が飛躍的に伸ばし、また、採用した企業では、大きな成果を得ているそうです。

即戦力となる、英語能力を、定義しなおす時期になっています。

実は、英語の試験も、筆記やマークシートではなく、口頭能力、コミュニケーション能力が、AIによって、試験・評価できる日が近づいています。