Why TraEnglish ?

日本人の英語のコミュニケーション能力は、どれくらい?

「 世界最大の英語能力指数 ランキング 」によると、 112カ国中78位 です。

シンガポール
フィリピン
マレーシア
香港
韓国
インド
中国
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
ベトナム

)の下にあります。

これは、東洋経済:英語力「112カ国中78位」の日本 > https://toyokeizai.net/articles/-/475201

第2021版 世界最大の英語能力指数 ランキング:

英語能力指数 | EF 英語能力指数 | EF 日本
第11版EF 英語能力指数 (EF EPI)は世界113カ国と領土の成人を対象とした英語能力に関する調査をもとに英語を第 2 言語とする各国の英語力レベルの世界ランキングです。

のレポートです。 全国民が教育を受けられない国よりも下になっていたりします。

英語コミュニケーション能力と、(日本の)英語試験による能力の違い

今、日本で英語を学ぶ人の目的が、「試験」かもしれません。英語の試験=(大学受験、TOEIC、英検)などになっているのかもしれません。それで、日本での教育英語も、試験も授業も、点数を取るためのものになっていて、英語の試験を英語、と思っている人が多いのかもしれません。

そして、日本においては、どんな先生や採点者でも、「公平に点数をつけられる試験」が長年、つくられてきました。 そのシステムがあまりにも長くつづいて、そういう英語を勉強をし、英語の授業やテストで点数をとった人が先生となり、学ぶほうも、ペーパーな英語の試験が英語となってしまったのかもしれません。

試験の多くは、印刷されている英語の文章を正確に読めて、日本語が与えられれば、英語に訳せる、というものが英語になっています。

FAXや郵便、メールが主体のお仕事であれば、それでも良かったのですが、それが充分できたとしても、海外の小さい子供と会話することも難しく、映画やドラマの会話も聞き取れない、そういう英語、となってしまいました。 

一時的に試験英語の力得たとしても、試験英語では、日常での生きた口頭の英語にふれる機会や楽しむことができず、試験向けの知識や技能は、実際にはつかわないので、結局は忘れてしまうのでしょう。

そして、文法や語彙をいくら増やして、試験の正解を導くような勉強を、英語文章を日本語にする勉強を、何十年も積み重ねたとしても、誰もコミュニケーションが出来るようには、なりませんでした。

それは以前からわかっていることでしたが、何も変えられず、他の国に英語でもビジネスでも抜かれしまっている、というのが現在まで続いている「日本の英語」の状況です。これまでのことは仕方がないとして、その教育が子供達にも続いていってしまっています。

これでは、後世から、私達の世代も、全く学びがない世代だったね、と指摘されることでしょう。

耳と口をたくさん使ってトレーニング

同時通訳の養成では、シャドウイングのトレーニングが用いられてきました。

シャドウイングとは、まず音声を聞いて、それがどういう単語であるか記憶し理解して、同じように話す、というものです。繰り返しているうちに瞬時性が高まりますし、耳の神経、口の筋肉も修正・最適化されていきます。

TraEnglish では、AIをもちいてシャドウイングが出来ます。AIなので、どんな文章でも、短時間に、大量に、一人で、好きなだけ、トレーニングできます。

TraEnglishのAIによる自然なアメリカ英語で、「シャドウイング」を暫く続けていきましょう。 

「自分」が中心となった文章にすれば、自分の興味、自分が伝えたい事、自分がやりたい事、を伝える道具として、自然に自然な英語の能力を獲得できます。英語コミュニケーション能力が劇的に伸ばせるのは、本当にあなたが言いたい事、聞きたいこと、を耳や口をつかって、トレーニングしていくことだと思っています。

TraEnglishでは、試験の文章(社会問題や時事問題など)ではなくて、「自分が言いたい、自分がわかりたい英語」を、 自然に、効率的に、楽しくサポートしたいと思っています。

AIシャドウイングのやり方は簡単です。聞いたことを理解(単語・文章)して、言うだけです。なるべく毎日続けること、読み終わった瞬間に理解しているようになるまで、興味のある英文、言いたい英文を繰り返し読むこと、が大事だと思います。

繰り返しが大事な理由は、まず、単語の意味がわかること、次に、動詞などの使い方が分かること、そして、フレーズのかたまりや、そのつながりが分かるようになる必要があるからです。長い文のヒアリングで、1回聞いて全部分かればよいのですが、シャドウイングを繰り返すことで、だんだんと頭の中が整理されて、聞けて言えるようになる、と思います。

自分で何度も繰り返していくことで、試験や、英語教育にはない、能力獲得のヒント・気づきがあると思います。